山形と寒河江のブログ|長岡観音長念寺
山形県や寒河江市について|長岡観音長念寺のブログ

東北山形の石庭

寒河江の観光|山形の体験観光ー石庭波紋作りが人気!|長岡観音 長念寺

DSC_0484

山形県寒河江市の庭園で体験観光『石庭波紋作り体験』

                                          長岡観音 長念寺では、体験観光を行っています。

東北では少ない、波紋のついた石庭を鑑賞できます。

京都などで拝観されたことのある方は多いと思います。

鑑賞するだけで心落ち着きますが、

その波紋を作ってみたいと思ったことはありませんか? それが実現します。

先日の体験者は、心が乱れていると波紋も乱れるなあ~  とおっしゃっていました。

しかし、乱れたと思った波紋も中々味があり、周りの庭と大変合っていました。

 

DSC_0483

DSC_0483

●『石庭波紋作り』体験観光の詳細

申込み:電話かメールで希望日時をお伝えいただくとスムーズです。

※参拝時に急に申し込まれても、大丈夫な場合がありますので遠慮無く声がけください。

体験料:境内整備志納金として お一人500円 協力いただいております。

体験可能な時期:10:00~16:00頃までの間

※積雪の時期は、体験できない場合があります。

寒河江の長岡観音 長念寺の御朱印|最上三十三観音・出羽の国十三仏・寒河江三寺社

山形県寒河江市 長岡観音 長念寺の御朱印

当寺では、三種の御朱印がいただけます。

 

最上三十三観音霊場 第十六番 長岡観音 長念寺  ご本尊 十一面観音 (寒河江城主守護仏)

出羽の国十三仏霊場 第十一番 長岡観音 長念寺  ご本尊 阿閦如来 (東北有数の五智如来の内)

◆寒河江・柴橋・西根八十八ケ所霊場 第一番 長岡観音 長念寺  ご本尊 不動明王(県内有数)

※随時、当寺御朱印受付所でお受けできます。

※御朱印帳をお忘れの方は、半紙が準備なっております。自宅に帰ってから、のりで貼り付けてください。

御朱印帳をお持ちでない方は、数種類準備しております。

山形県寒河江市の観光スポット|長岡観音 長念寺の庭園 『桜』

山形県寒河江市の観光地|長岡観音 長念寺の庭園 『桜』

DSC02905

長岡観音 長念寺の『桜』が満開です。

花見に来てください。声がけいただければ、お茶とお菓子接待します。お酒も(飲酒運転厳禁)

5月は『つつじ』がきれいです。お楽しみに・・・

山形の写経/写仏体験・石庭砂紋作り体験|寒河江市の長岡観音 長念寺へ

山形県寒河江市の写経・写仏体験|長岡観音 長念寺|東北宮城仙台隣県

当寺では、写経・写仏の体験ができます。

諸願成就の仏像や心落ち着く石庭を横に写経体験を~

◆受付  参拝時に職員へ申し出ください。

※電話やメールで予約いただければスムーズです。

◆体験志納料

一  般    七百円

高校生以下   五百円

※写経・写仏体験【奉納料・写経用紙・書道具貸出】
※お茶菓子無料接待

山形県寒河江市の観光スポット|長岡観音 長念寺の石造物①

山形県寒河江市の観光地

P1020632

●寒河江市名誉市民 阿部酉喜夫先生について

阿部酉喜夫先生は、明治四十二年十月二十四日寒河江町で生まれ。 國學院大學卒業後長く教職にあって子弟を育て、県立寒河江高等学校長を勤めた。市文化財保護委員長として活躍。寒河江大江氏や慈恩寺の歴史解明に努める。漢詩文書画の研究に優れ、流麗な筆跡の書を残す。昭和六十一年斎藤茂吉文化賞受賞。平成三年十二月寒河江市名誉市民に顕彰され、勲四等瑞宝章を受賞。長年、長念寺前(現当寺駐車場)の住居で研究に没頭し生涯現役を貫き 平成十二年十二月二十一日九十二才で没した。  俳号は窓雨

当寺の駐車場に住居があった頃に、自室で研究中に窓から長念寺の柵越しを見ながら読んだ句

『柵越しに萩咲きこぼれ長念寺』 の石碑です。

山形県寒河江市の観光地|長岡観音 長念寺の庭園『初雪の石庭』

山形県寒河江市の観光地

d初冬の庭

長岡観音 長念寺の初雪の石庭園|東北宮城仙台隣県

当寺の境内では、季節ごとの植物と石や砂利や苔による心落ち着く庭園を鑑賞できます

本堂裏より鑑賞できます。 また、墓地・永代供養園からも鑑賞できます。

山形県寒河江市の観光スポット|長岡観音 長念寺の『駐車場』

DSC_0321

東北宮城仙台隣県 山形県寒河江市にある観光地・史跡である当山 長岡観音 長念寺についての紹介をはじめます。

寒河江城主守護仏・国内有数の巡礼地 室町時代開創の最上三十三観音 第十六番霊場の長岡観音と寒河江城主祈願所である長念寺は同じ境内にあります。長岡観音は始め、寒河江市中心にある長岡山に弘法大師の高弟 真済僧正が十一面観音を安置したとされていますが、江戸末期に代官所の建設計画などから、別当寺であった寒河江城三の丸にある長念寺に移設されました。

そのため、現在は長岡観音と長念寺が同じ敷地にあります。

そのことから、通称 長岡観音 長念寺として親しまれています。

今回は入口として、当山駐車場を紹介します。DSC_0322

この駐車場は、檀家の方のご協力により昨年に完成しました。

寒河江城や慈恩寺の研究に尽力された 元寒河江市史編纂委員長・寒河江名誉市民 阿部 酉喜夫 先生の住居跡です。教育者であり歴史研究家・文学者でありました。

当寺を読んだ句 「柵越しに萩咲きこぼれ長念寺」

「落葉踏む音かそけしや札所寺」 が有名です。

山形県寒河江市のブログ|長岡観音 長念寺のブログ開始しました!

ブログをはじめます

山形県寒河江市の情報 と 当寺の寺宝などの見どころ・行事・御朱印・御祈祷・永代供養・人形供養・葬儀 等を中心に進んでいきたいと思います。

◆長岡観音長念寺について

①見どころ・・・・・当寺の寺宝や庭園などについて

②行事・・・・・当寺の年中行事や特別事業などについて

③祈願・供養・・・・・祈祷や人形供養、永代供養や葬儀などについて

④そのほか・・・・・当寺のひとこま、その他の活動などについて

◆寒河江について

①史跡・観光地・・・・・寒河江市おすすめスポットなどについて

②イベント・・・・・寒河江市おすすめの行事などについて

③グルメ・物産・・・・・寒河江市のおすすめの食やお土産などについて