山形での葬儀は長岡観音長念寺へ

長岡観音 長念寺ブログ

寒河江のさくらんぼ無料進呈!|仏像拝観・御朱印|長岡観音 長念寺

寒河江のさくらんぼ無料進呈の寺へ|長岡観音 長念寺

巡礼・参拝・御朱印・仏像拝観・写経体験などされた方に、さくらんぼを差し上げます。

長岡観音 長念寺では、さくらんぼの販売は行っていませんが、

寒河江の『観光さくらんぼ園』や『さくらんぼ直売所』や『さくらんぼ農園』

などのご案内は致します。

1466072136881

さくらんぼの量はその日により違います。

寒河江市のさくらんぼシーズン 5月中から7月初め

問い合わせ 0237-86-0016 寒河江市丸内2-4-19  長念寺

無くなり次第終了となります。なるべくお早めに![拝観時間 8:00~17:00]

『長岡観音 長念寺』は

『新 TV 見仏記』で いとうせいこうさん・みうらじゅんさん

『やまがた旅の見聞録』で タレント 加藤 紀子さん

『仏像ガール』 広瀬郁美さん

演歌歌手   工藤あやのさん 

たけし軍団 ダンカンさん     

ザ・ドリフターズ 高木 ブーさん

らが 仏像拝観・参拝の寺!

%

山形県寒河江市のパワースポット|慈恩寺・寒河江八幡宮・長岡観音長念寺

山形県のパワースポットのご案内

山形のパワースポット巡りは、『寒河江三寺社』がおすすめ!

  ~本山 慈恩寺・寒河江八幡宮・長岡観音 長念寺~

◆主な山形のパワースポット

長岡観音 長念寺 山形県寒河江市丸内2-4-19
山寺 立石寺 山形県山形市山寺4456-1
若 松 寺 山形県天童市大字山元2205-1
慈 恩 寺 山形県寒河江市大字慈恩寺地籍31番地
寒河江八幡宮 山形県寒河江市八幡町5番70号
谷地八幡宮 山形県西村山郡河北町谷地乙224
山形護国神社 山形県山形市薬師町2丁目8-75
出羽三山神社 山形県鶴岡市羽黒町手向字手向7
注 連 寺 山形県鶴岡市大網字中台92-1
大 日 坊 山形県鶴岡市大網字入道11
庭月観音 山形県最上郡鮭川村大字庭月2829
亀岡文殊 山形県東置賜郡高畠町亀岡4028-1
海 向 寺 山形県酒田市日吉町2-7-12
善 宝 寺 山形県鶴岡市下川字関根100
風 立 寺 山形市下東山433-1
熊野大社 山形県南陽市宮内3476-1
建勲神社 山形県天童市天童1043-5
上杉神社 山形県米沢市丸の内1丁目4-13


寒河江三寺社巡り(パワースポット)


  • 長岡観音長念寺

  • 本山慈恩寺

  • 寒河江八幡宮

◆慈恩宗 本山 慈恩寺            山形県寒河江市大字慈恩寺地籍31番地

◆寒河江荘の総鎮守 寒河江八幡宮       山形県寒河江市八幡町5番70号

◆最上三十三観音第十六番 長岡観音 長念寺  山形県寒河江市丸内2-4-19

P1040720    P1040711

『長岡観音と丸つつじ満開風景』       『長岡観音 長念寺の石庭とつつじ』

寒河江城址三の丸にある寒河江城主祈願所『長念寺』の境内に、『長岡観音 長念寺』として山形県寒河江市のパワースポット・観光地として親しまれています。(仏像/庭園拝観・写経体験・石庭波紋作り体験観光)・国内有数の巡礼地  最上三十三観音霊場(御朱印・祈願・供養)

『長念寺 本堂裏より眺められる 石庭』

 

★ナビ検索は

『長念寺』又は 電話番号 や 霊場・巡礼等の[最上三十三観音]ジャンル検索で出来る場合もあります。

●住所 寒河江市丸内2-4-19  ●電話 0237-86-0016

すぐ近くの史跡・観光地は、史跡 寒河江城址・観光地 古澤酒造資料館などがあります。

P1040719    
『長岡観音 長念寺 庭園のサガエギボウシ』   県内有数の
                         『木造不動明王坐像』

 

 

 

 

寒河江の観光|山形の体験観光ー石庭波紋作りが人気!|長岡観音 長念寺

DSC_0484

山形県寒河江市の庭園で体験観光『石庭波紋作り体験』

                                          長岡観音 長念寺では、体験観光を行っています。

東北では少ない、波紋のついた石庭を鑑賞できます。

京都などで拝観されたことのある方は多いと思います。

鑑賞するだけで心落ち着きますが、

その波紋を作ってみたいと思ったことはありませんか? それが実現します。

先日の体験者は、心が乱れていると波紋も乱れるなあ~  とおっしゃっていました。

しかし、乱れたと思った波紋も中々味があり、周りの庭と大変合っていました。

 

DSC_0483

DSC_0483

●『石庭波紋作り』体験観光の詳細

申込み:電話かメールで希望日時をお伝えいただくとスムーズです。

※参拝時に急に申し込まれても、大丈夫な場合がありますので遠慮無く声がけください。

体験料:境内整備志納金として お一人500円 協力いただいております。

体験可能な時期:10:00~16:00頃までの間

※積雪の時期は、体験できない場合があります。

山形県寒河江市の観光スポット|長岡観音 長念寺の庭園 『桜』

山形県寒河江市の観光地|長岡観音 長念寺の庭園 『桜』

DSC02905

長岡観音 長念寺の『桜』が満開です。

花見に来てください。声がけいただければ、お茶とお菓子接待します。お酒も(飲酒運転厳禁)

5月は『つつじ』がきれいです。お楽しみに・・・

山形県寒河江市の観光スポット|長岡観音 長念寺の石造物①

山形県寒河江市の観光地

P1020632

●寒河江市名誉市民 阿部酉喜夫先生について

阿部酉喜夫先生は、明治四十二年十月二十四日寒河江町で生まれ。 國學院大學卒業後長く教職にあって子弟を育て、県立寒河江高等学校長を勤めた。市文化財保護委員長として活躍。寒河江大江氏や慈恩寺の歴史解明に努める。漢詩文書画の研究に優れ、流麗な筆跡の書を残す。昭和六十一年斎藤茂吉文化賞受賞。平成三年十二月寒河江市名誉市民に顕彰され、勲四等瑞宝章を受賞。長年、長念寺前(現当寺駐車場)の住居で研究に没頭し生涯現役を貫き 平成十二年十二月二十一日九十二才で没した。  俳号は窓雨

当寺の駐車場に住居があった頃に、自室で研究中に窓から長念寺の柵越しを見ながら読んだ句

『柵越しに萩咲きこぼれ長念寺』 の石碑です。

山形県寒河江市の観光地|長岡観音 長念寺の庭園『初雪の石庭』

山形県寒河江市の観光地

d初冬の庭

長岡観音 長念寺の初雪の石庭園|東北宮城仙台隣県

当寺の境内では、季節ごとの植物と石や砂利や苔による心落ち着く庭園を鑑賞できます

本堂裏より鑑賞できます。 また、墓地・永代供養園からも鑑賞できます。

山形の祈祷は寒河江の長岡観音 長念寺へ|車・恋愛縁結び・安産・厄除・合格・地鎮祭

山形・寒河江の祈祷|城主祈願所 長岡観音 長念寺について|東北宮城仙台隣県

住所:山形県寒河江市丸内2-4-19  電話:0237-86-0016

当寺は、寒河江城主祈祷所として鎌倉時代に建立されました。

◆随時   各参拝者各種祈願の御祈祷  ※事前に電話・メールにて問い合わせください。

①交通安全自動車祈祷(三千円以上)

②地鎮祭・上棟祭 など建築儀式(一万円以上)

③恋愛縁結び・安産・厄年・家内安全・商売繁盛 など 諸願成就の御祈祷(三千円以上)

④葬儀跡祓いの御祈祷(五千円以上)

ご祈祷の行事等は、

◆1月17日 午後2時 正月護摩祈祷 長念寺本堂 ご本尊 不動明王様の御前にて

◆4月第1日曜日 午後1時 大般若会 長念寺本堂にて

◆4月17日 午後7時 春の観音まつり護摩祈祷 長岡観音堂 ご本尊 十一面観音様の御前にて

◆7月17日 午後7時 夏の観音祭り護摩祈祷 長岡観音堂 ご本尊 十一面観音様の御前にて

 

DSC03338

寒河江の初詣|感謝、願い、洗心、出発|長岡観音 長念寺

寒河江の初詣は寒河江の長岡観音長念寺へ

DSC_0367

平成26年大晦日風景

山形・寒河江の初詣|東北宮城仙台隣県

長岡観音長念寺の『初詣』は、諸願成就の各仏様の御前で参拝できます。

堂の中に入ってゆっくり初詣ができます。

住所:山形県寒河江市丸内2-4-19  電話:0237-86-0016

長岡観音長念寺の行事紹介『初詣』

 

大晦日は数年前より夜間特別拝観を行っています。山道の小さな雪灯篭が迎えてくれます。

※夜間特別拝観 12/31 18:00 ~ 1/1 3:00

※1/1 7:00~通常拝観【7:00~17:00年中無休】

※お酒・お茶・お菓子など無料接待1/1《0:00~3:00》

元旦夜間特別各種祈祷は随時受付1/1《元旦0:00~3:00》

※その他の日時のご祈祷は電話かメールで予約となります。

※当寺の周辺市町村

  • 大江町
  • 河北町
  • 西川町
  • 朝日町
  • 中山町
  • 山辺町
  • 天童市
  • 山形市
  • 東根市
  • 村山市
  • 上山市
  • 尾花沢市
  • 大石田町

※宮城県内・庄内地区・置賜地区・最上地区よりは車で約60~120分

山形県寒河江市の観光スポット|長岡観音 長念寺の『駐車場』

DSC_0321

東北宮城仙台隣県 山形県寒河江市にある観光地・史跡である当山 長岡観音 長念寺についての紹介をはじめます。

寒河江城主守護仏・国内有数の巡礼地 室町時代開創の最上三十三観音 第十六番霊場の長岡観音と寒河江城主祈願所である長念寺は同じ境内にあります。長岡観音は始め、寒河江市中心にある長岡山に弘法大師の高弟 真済僧正が十一面観音を安置したとされていますが、江戸末期に代官所の建設計画などから、別当寺であった寒河江城三の丸にある長念寺に移設されました。

そのため、現在は長岡観音と長念寺が同じ敷地にあります。

そのことから、通称 長岡観音 長念寺として親しまれています。

今回は入口として、当山駐車場を紹介します。DSC_0322

この駐車場は、檀家の方のご協力により昨年に完成しました。

寒河江城や慈恩寺の研究に尽力された 元寒河江市史編纂委員長・寒河江名誉市民 阿部 酉喜夫 先生の住居跡です。教育者であり歴史研究家・文学者でありました。

当寺を読んだ句 「柵越しに萩咲きこぼれ長念寺」

「落葉踏む音かそけしや札所寺」 が有名です。